×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不安障害

不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)障害とは、実際の状況にはそぐわないほど不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)に感じる気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)が強く、不安な気持ちが日常生活に支障をきたしてしまうほど、度々、もしくは、長い間、起こってしまうと言う精神病(今も昔も偏見が少なくなく、その偏見に苦しむ人も多いものです)疾患(いわゆる病気のことです)の総称です。

以前は、神経症やノイローゼ(一般的な表現として、とても神経質になっていたり、深刻に悩んでいる状態をノイローゼ気味だなんていいますね)等と呼ばれていました。不安障害は、大きく分けると、社会不安障害、全般性不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)障害、強迫性障害、急性ストレス障害、外傷後ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)障害(PTSD)、パニック障害に分ける事が出来ます。

社会不安障害は、一昔前は対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)と呼ばれていた、日頃の暮らしに支障をきたすほどの極度のあがり症みたいな症状です。全般性不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)障害は、さまざまなことに何となく不安を感じる状態が長引き、日頃の暮らしを送れなくなります。全般性不安障害は、アメリカでは二十人に一人ぐらいの割合でかかっているといわれるほど、一般的な精神病(今も昔も偏見が少なくなく、その偏見に苦しむ人も多いものです)疾患なんです。女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の方がかかりやすく、十代で発症する場合もあるかもしれません。

強迫性障害は、鍵をちゃんとかけたか不安になり、確かめに行かずにいられないことが頻繁に起こるなど、何かが急に不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)でたまらなくなったり、不快になったり(強迫観念)します。その気持ち(その時々で変化していくものです)をどうにかしますからに、何かしないではいられない(強迫行為)のが特徴です。手が汚い気がして、長時間洗い続けたり、何度も洗ったりしないと気がすまない、自分が決めた通りに物が並んでないと気がすまないなど、本人以外には理解できないことが多いはずです。急性ストレス障害は、トラウマになるような出来事が要因で、数時間から数日の間に不眠やフラッシュバックが起こり、一箇月以内に治まる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)をいうのです。

一ヶ月以内に治まらない場合は、外傷後ストレス障害(PTSD)と呼ばれますが、外傷後ストレス障害(PTSD)は半年以上経ってから症状がでることもあるのです。パニック障害は、突然、パニック発作と呼ばれる発作が起こるのです。その発作の症状と、また発作を起こすのではないかと不安から日常生活を送るのが困難になる病気なのです。