×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不安障害の克服法

不安障害の克服法として、様々な方法が考案されています。認知行動療法、森田療法、自己催眠法、自立訓練法、不安障害克服マニュアル、マインドサポートプログラムなど、普通の治療法として行われているものから、カウンセラーやセラピストなどが独自に開発したものまで、色々多々あるのです。

薬での治療や伝統的な精神療法では、不安障害(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)を克服できないと感じたら、即効で効果があると宣伝している克服法のマニュアルやマインドサポートプログラムなどを試してみるのも、一つの方法かもしれません。何がその人にとって効果的な治療法になるかは、やってみなければわからないところがあるため、ひょっとしたら、本当に即効で治る可能性もあります。

ただ、治らない場合のことも考えて、返金保証がついているものを試してみましょう。自分と同じような症状を患った人が、どうやって克服したのか、調べてみるのもいいと思います。このほうが克服できたのなら、自分も克服してやるという励みとなっているんです。最近では、中川家の剛さんや長島一茂さんなどがパニック障害だったことをカミングアウトしたり、デビッド・ベッカムさんが強迫性障害だと明かしたりして、多少は精神疾患(脳の機能的な障害や神経伝達物質の分泌畭常などが原因で起きることも少なくないようです)に対するイメージも変わってきたようですよ

。とは言え、まだなかなか周囲の人の理解や共感が得られにくいですし、精神科や心療内科などを受診行うことに恥ずかしさを感じる方もいると思います。でも、不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)障害を克服するためには、どういった些細な行動でも、今の自分にできる範囲で、一歩踏み出す勇気が必要なのです。不安障害を克服するのに高価なマニュアル等を試してみるのは良いですが、やはり不安が多いのも事実でしょう。

そこで不安障害を克服するというテーマのマニュアルを見た中で、個人的にお勧めできるマニュアルがかなりの安価で販売されていたので紹介しておきます。私が見る限り的を得た、効果の期待できる不安障害克服マニュアルだと思います。参考までにチェックしてみてください。


>>不安障害克服法はこちら

子供の社会不安障害

子供の社会不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)障害は、この子は癇癪を起こしやすく人見知りな性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) なんだと思い込んで見過ごしてしまったり、自閉症やアスペルガー症候群など、別の病気と間違われてしまうこともあるようです。

大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)に比べると発症率は低いですが、幼い子供であっても社会不安障害を発症してしまう可能性はあります。発症する年の平均は、11歳から12歳で、5歳前後と12歳前と後に、発症のピークを迎えるという説もあるはずです。

社会不安障害のこどもは、みんなの前で意見をいったり、朗読したり、黒板に字を書くのが苦手で、人前での食事や学校のトイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)を使うことも苦痛に感じてしまいます。苦手な状況に遭遇すると、吐き気がしたり、腹痛が起こる事もありますし、不登校の原因になることもあるのです。両親や先生などの周囲の大人が、社会不安障害の可能性を疑わず、精神的なもの、気の持ちよう等と考えて放置すると、子供は苦しみを抱えたまま大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。

喫煙や飲酒の自由も得られます)になるでしょう。症状が悪化して、引きこもりになったり、自殺してしまったりすることだってありえます。社会不安障害は、何の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)もせずに自然治癒で治る可能性は非常に低く、他の精神疾患を併発する恐れが高くなってしまう病気です。社会不安障害の主な治療法としては、薬物療法と認知行動療法が挙げられるのですが、子どもの場合、強迫性障害以外は認知行動療法の方が有効だといわれています。病院を受診させる際には、子供の社会不安障害について詳しい医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)を選んであげてください。
井上俊彦

不安障害の薬

不安障害の薬の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)には、大きく分けて、抗不安薬と抗うつ薬の二種類あります。症状により違いますが、ベンゾジアゼピン系の抗不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの抗うつ薬を処方されることが多いでしょう。

社会不安障害の場合は特に、セロトニン再取り込み阻害薬が効果的だといわれています。パニック障害には、セロトニン再取り込み阻害薬やスルピリドなどの抗うつ薬とベンゾジアゼピン系の抗不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)薬を使うことが多いようです。全般性不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)障害の場合は、ベンゾジアゼピンやブスピロンなどと言った抗不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(ベンラファキシン、パロキセチンなど)のような抗うつ薬もよく使われます。

不安障害で薬を処方された際には、どのような効果と副作用がある薬なのか、しっかりきいておいてくださいね。眠気を伴う薬やアルコールとともに服用するととても危険な薬もあります。副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)がきついようなら、他の種類の薬に変えてもらうこともできるはずですから、我慢しないでお医者さんに相談しましょう。症状がよくなってきたからといって、自分勝手な判断で薬の服用を中断すると、頭痛や吐き気などの離脱症状が出てしまうことがあります。

医師の指示通りに服用するように心がけましょう。不安障害の薬と共に他の病気の薬やハーブ、サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)などを服用したい時にも、医師に相談することをオススメします。薬の飲み合わせによって、薬の効果が弱まったり、副作用が強くなってしまうことがありますから注意が必要です。