×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不安障害の症状

不安障害の症状について、簡単に説明したいと思います。社会不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)障害→外食、人と目が合う、知らない人に会うなど、普通の方はあまり緊張や不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を感じないような時にでも、強い緊張と不安を感じ、動悸、手足の震え、発汗、赤面、話せなくなるといった症状が起こります。

全般性不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)障害→人によって不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を感じる要因は様々で、頭痛、めまい、そわそわして落ち着かない、吐き気やのどのつかえなど、様々な症状が発症するのです。注意力が散漫になる、イライラする、不眠、疲れやすさのような症状が出ることもあるでしょう。

強迫性障害→あまり気にしなくてもいいようなことが、どうしても気になり、自分の気が済むように行動せずにはいられなくなります。ゴミのようなものを捨てられずに溜め込んでしまったり、四や十三などの数字を極度に避けたり、繰り返したりするなど、人によっては症状が異なります。

急性ストレス障害→恐ろしい体験をした直後から、本人の意思とは無関係に頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の中でその恐ろしい体験が何度も繰り返されます。感覚が麻痺してしまったり、現実感がなくなって、注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)力が散漫になったりといった症状が起こり、その体験の記憶を喪失することもあるでしょう。

外傷後ストレス障害(PTSD)→強い恐怖や無力感を味わうような体験をした後で、急性ストレス障害のような症状が一ヶ月以上の長期間、継続して現れます。

パニック障害→強烈な恐怖や不快感から突然に発作が起こり、動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれね問題はないでしょう)、窒息感、震え、気が遠くなる、発汗、めまい、吐き気などの症状が出ます。パニック発作は10分以内に症状がピークに達し、30分以内に治まる事が多いのです。このまま死んでしまうかもと感じるような発作が、何度も繰り返し前触れなく起こります。