×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不安障害の治療

不安障害の治療については、投薬による薬物療法が一般的です。薬物療法にカウンセリングを併せると、さらに治療効果があがるといわれています。お薬で症状を和らげ、カウンセリングでお薬がなくても不安障害の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出ないようにしていくという感じです。

不安障害の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は長引くこともありますが、決して治らない病気ではありません。一人で悩んでいると、どんどん症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が悪化してしまうこともあるので、勇気を出して治療してみましょう。医師ではなくて、不安障害の治療を得意としているカウンセラーに相談してみるのも、人によっては劇的な効果があるのです。

不安障害の患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)本人だけでなく、家族も一緒にカウンセリングを受けるようにすると、さらに効果が期待できると言われています。治したいと言う気持ちが強い方には、森田療法もいいでしょう。他の治療法と比較して厳しい療法ですので、覚悟が必要だと思いますが、治った人もたくさんいます。ただ、相性の個人差がある治療法です。不安障害はこのまま一生治らないのではという不安や恐怖が付き纏いますから、自分と同じ症状を克服した経験を生かしてカウンセラーをしている人に治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を依頼すると、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)に積極的になれるかもしれません。

不安障害には、認知療法や認知行動療法、自己催眠療法など、様々な治療法があります。どの治療法がその人にとって一番いいのかは個人差がある為、自分に合った方法を探すしかないのです。医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)やカウンセラーとの相性もありますから、合わないと思った時には、違う人に治療を依頼してみてください。